JACK MY LOVE

ジャックラッセルテリアの魅力にはまってしまった、私と山登り大好きなチョリソとアブサンの日々の出来事をつづります

アイルランド女一人旅☆4☆最終回

今回で、アイルランド旅行記ラストです

以前も書いたんですが、ほとんど信号がありません。
都会だけ、信号があるんですが、あるといっても

IMG_4455.jpg
横にちょこっとだけ。
慣れないから、つい忘れてしまいました。

それから、これはいいなあ~って思ったのが、
アイルランドの自転車に乗る人のスタイルです

IMG_4419.jpg
ほとんどの人が、蛍光の工事現場の人が着そうな、上着とヘルメットをちゃんとしていました。

バイクに乗る人も蛍光のジャケットを着ていて・・・・
IMG_4454.jpg
自分の身を自分でも守ろうとしている、努力を感じました


それでは、本題です。

DAY6

昨日までの悪天候が嘘のようにお天気は、良くなりました。

この日は、アイルランド最大の目的地へ向かいました。

途中、ボイン川の古戦場を見学
IMG_4420.jpg
1690年、アイルランドとフランス連合軍が2万5千人の兵士をイギリス軍と激突した地です。
プロテスタントとカトリックの宗教戦争で、連合軍が敗退し、以後、プロテスタントの支配が決定的となり、
カトリックは、以後様々な差別を受けたんです。


そして、この近くにある、メイン会場へ・・・・

カーナビに入れて、途中、道の閉鎖もあり、おっちゃんに聞いてなんとかたどり着いて目の前に、そのものが見えました。
IMG_4424.jpg
「ニューグレンジ」
世界遺産です。

せっかく、目的地までたどりついて、目の前にあこがれのものがあるのに入れず、
ツアーの受付をやっている、ボイン渓谷ビジターセンターまで行くよう指示されました。

なんでも、そのビジターセンターから専用のバスに乗ってきた人しか入れないそうです。

と言うことで、地図をもらい、ビジターセンターへ行き、ツアーを予約できました


ツアーバスに乗り、ガイドさんに説明を色々聞きながら、見学します。
IMG_4426.jpg

この巨大古墳、5000年以上前のもので、どのような民族だったかは不明だそうです。

IMG_4430.jpg

この渦巻き模様、ケルト人もよく使っているんですが、ケルト人が作ったのではなく、
ケルト人がアイルランドに来る前に住んでいた民族で、影響をケルト人に与えたといわれています。


上の写真をアップにしたものなんですが、一番上の開いている部分は、とっても不思議で、1年に1度だけ、
冬至に陽光がまっすぐに墓室に届くように設計されているそうです。
IMG_4431.jpg
このような設計を5000年前の人が出来ると言うこと自体、当時の文明の中では、もっとも優れた、そして進んだ
ものを持っていたと考えられているそうです。

IMG_4428.jpg
この古墳は、4種類の石だけで、作られており、内部に水1滴としても通さないように、作られているんですよ。

ツアーには、内部の見学も含まれているんですが、写真の撮影は許されませんでした。
でも、こんなすごい古墳の内部を見せてくれるアイルランドは太っ腹だなって思いました。

うちの近所に、仁徳天皇量がありますが、外からしか見れないのですから。


こんなに、歴史のロマンを感じる、ニューグレンジ
でも、180度向きを変えると
IMG_4436.jpg
ただの農場です。

代々、この土地は、ニューグレンジファームと言って、農場だったそうです。


思いのほか、ニューグレンジ見学に時間がかかり、終わったのが、15時。

あといくつか行く予定だったけど、諦めて一つに絞ることにしました。

そして、最後の観光に選んだ土地が・・・・・

トリム城です。
IMG_4440.jpg

完成は、1224年。
ずいぶん、古びていたけれど、そのままの姿で残っているので、とてもリアルに感じました。

IMG_4443.jpg

このお城もツアーでのみの見学で、当時の戦いの様子をいろいろお話してくれました。
メルギブソンのブレイブハートの映画の撮影にも使われたところだそうです。

IMG_4447.jpg

町のようすも、いい感じで、地球の歩き方ではあまり大きく書かれていなかったけれど、お勧めだと思います。

そして、ツアーを終え、車に戻ろうとしていると、発見しました。
IMG_4451.jpg

ジャックラッセル君です

IMG_4453.jpg
ちょっと、怖そう??
って思ったけど、めちゃ、優しい子でした。


そして、夕方になりダブリンへ戻りました。

今回の目的の一つに、パブでアイリッシュミュージックを聴くのが目的の一つで、一生懸命探しましたが、
生演奏は、時間が遅めだということと、夜は一人で入りずらい事がわかり、あるツアーを申し込みました。

そのツアーとは、「ミュージックパブクロウル」と言って、
二人のプロミュージシャンが、伝統音楽を演奏しながら、音楽で有名なパブを訪れるというものです
IMG_4417.jpg

ツアーの集合場所は、これまた有名な、オリバーセントジョンゴガティースと言う、パブの2階からのスタートです。

IMG_4457.jpg

それぞれのパブでお酒を飲みながら、アイリッシュミュージックを聴いたり、
色々なお話を聞いて行きます。

IMG_4463.jpg

時々、練習させられて、一緒に歌わされたりもしました。

IMG_4468.jpg
3件のパブを回って、終了~
いい音楽といいお酒、最高の時間だったはずなのに、
旅の疲れからか、私の体調がイマイチだったのだけが、残念でした。

ダブリンの街を歩いていると、ダンナの会社のビルボードがあちらこちらにあるんです。
IMG_4465.jpg
アイルランド駐在になってくれへんかなと心から願ってしまいました。

そんな感じで、この日も1日終わって行きました。

DAY7

アイルランド観光最後の日です

アイルランドでは、二つの宿泊先に滞在しました。
一つはホテル。
もうひとつは、B&B。

でも、出てきた朝食は、驚くことに、全く同じものでした。

IMG_4471.jpg

食パンが、4枚
舌が、食べた後痛くなるくらい、塩味の聞いたベーコン
豆・トマトを焼いたもの・ソーセージ
玉子は、目玉焼きやスクランブル、ゆで卵など選べます。
そして、プディングという、ソーセージの一種のものです。
このプディング、黒いのと白いのが、一つづつついていて、黒いほうは、豚の血がはいっているそうです。

前日のパブクロウのアイルランド人もなんであんなもの食べるんだろう?と言う代物でした。

他のものはさておき、食パンがとにかく美味しくて、いつも食パンを食べない私ですが、毎日、ぜんぶ食べてましたよ。

ダブリン中心部を流れる、リフィー川です。
IMG_4474.jpg

道が、碁盤になっていないので、最初は迷いまくりましたが、最終日ともなれば、ずいぶんすんなりと歩けるようになりました。

最後の日は、博物館&美術館巡りを決めていて、ホテルから30分ほど歩いてたどり着いたんですが・・・・

な・ん・と

クローズ

人に聞こうにも、誰もいないし、地球の歩き方で休日を確認すると、聖金曜日とクリスマスだけが休みになってる。

クリスマスじゃないし、聖金曜日ってなんじゃいと思って、調べると、
宗教的な意味はわからないんですが、2012年の聖金曜日は、4月6日となっているじゃないですか。

と言うことで、計画が全てパー

行きたいと思っていたところで、ゆいつオープンしてた、
「国立レプラホーン博物館」へ移動
IMG_4481.jpg

国立といっても、めっちゃ小さな建物で、閉まっていた国立美術館とは雲泥の差。

しかも、この博物館だけ、入場料がかかります。

IMG_4483.jpg
ツアーでの見学となりますが、すごい人で、ガイドのお姉さんの姿も声も聞こえません

レプラホーンとは、アイルランドに伝わる妖精のことで、
どこかに、黄金の財宝を隠し持っていて、捕まえることができれば、その財宝を手に入れられると言われているそうです。

妖精気分を味わったり・・・・・
IMG_4487.jpg

妖精が隠し持ってる、ゴールドがあったりします。
IMG_4492.jpg

このほかも色々、願いがかなう井戸で、願い事が出来たりもしましたよ。

IMG_4498.jpg
ちょっと、子供じみてる??って気もしますが、妖精ってを捕まえて幸せになれると聞くだけで、
ワクワクしてしまいます。

レプラホーンを自分でカラーリングして作るフィギアを買ってきてしまいました。

ランチを食べたり、お土産を買ったりしたけれど、時間が余りまくり、
デパートだけは、あいていたので、閉店時間間際まで、
自分の為だけに、洋服を試着しまくって、買ってきました。

そして、夜ごはん
最後の晩餐なので、ドーンと美味しいものを食べたいと思ったんですが・・・

聖金曜日は、アルコール販売が禁じられている為、ほとんどのレストランはクローズ。
開いているといえば、ファーストフードくらい

と言うことで、結局、またまた・・・・
IMG_4499.jpg
フィッシュアンドチップス
チップスでなく、単品で、フライドオニオンにしてもらいました。

タラでなく、エイにしてもらったんですが、体はほとんど受け付けませんでした

翌日、飛行機にのり無事日本に帰国しました

今回のアイルランド旅行、大満足の旅でした。
できたら、もう一度、今回行けなかった地域をまた車で回りたいです。

帰宅して・・・・・
IMG_4507.jpg
4ワンズからの1時間ほどの熱烈歓迎が・・・・・
待っていてくれる、人と犬がいるって幸せだなって、改めて感じました。

ランキングの応援をよろしくお願いします~
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:ジャックラッセルテリア - ジャンル:ペット

  1. 2012/04/22(日) 19:26:28|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

アイルランド女一人旅☆3☆

DAY5

昨日、長時間運転したので、この日は、運転なしのダブリン市内の観光をしました


しかし、この日は、昨日に引き続き、お天気があまりよくなくて、超ウィンディー~

気温は、1度らしいですが、耐寒気温-4℃とのことでした

私が、日本で調べた時は、天気が17℃もあったので、冬の着るものを全て置いてきた為、
超、寒々観光となりました。

まずは、ダブリン城に行ったんですが、見学が完全ツアーだったため、予約だけをして、
待っている間、近くにある「クライストチャーチ大聖堂」へ行きました。
IMG_4402.jpg
ダブリン最古の教会で、ダブリンと前日行った、グレンダーロッホ教区の主教会だそうです。

すごく大きな教会で、ここの見どころの一つは、ステンドグラスです

IMG_4389.jpg

しょぼカメラのため、写りがイマイチですが・・・・

そして、メインとも言える、13世紀そのままの姿を残している、地下室
IMG_4393.jpg

結構、地下も広かったですよ。

IMG_4396.jpg
こんな、銅像があって、良く見てみると・・・・

IMG_4395.jpg
本当にグラディエーターサンダル履いてて、面白かったです。

そして、一番見たかった、ネコとネズミのミイラです。(怖い人は見ないでね。)
IMG_4399.jpg
なんでも、猫がネズミを追いかけていて、そのままお互いオルガンに挟まり、それがミイラ化していたそうです。

爪や髭もしっかり残っていて、
イタリアでカタコンベ見た時みたいに、興味深かったです。

そして、当時使われていた、ギロチン台まで。
IMG_4397.jpg

本当に興味深い教会でした。

そして、そろそろ、ダブリン城見学ツアーの時間が来たので、お城に戻りました。
IMG_4409.jpg

全体の写真を撮り忘れ、中庭の写真です。
1204年に建てられ、以後、7世紀にも渡って、イギリス支配されていたそうです。

お兄さんが、色々解説をしてくれます。

IMG_4407.jpg

今でも、大事な任命式やなんかに使ったり、今のエリザベス女王も来られたことがあるそうです。

IMG_4408.jpg

上には、大きな絵がありました~

ここは、withdrawal roomと言って、舞踏会があったときに、女性が並び、男性が選んでくれるのを待つ部屋だそうです。
IMG_4403.jpg

いわば、お見合いルーム

男性に、選ばれないと、一晩中たっていることがあったり、気にいられないと、戻されて交換されたりしたそうです。
そんなん、辛すぎ


今回の旅行で思ったんですが、こちらは、入場料をとる施設って、ツアーのケースが多いです。
だから、ほとんど入場料は、ツアー代という感じだと思います。

逆に、ツアーになっていない、美術館や博物館は、全部無料なんですよ。
ツアーだと、色々な背景が聞けて、本当に面白いです


そして、寒くて、風吹く中、てくてく30分ほど歩き、途中、お茶休憩をしたりしながら、やってきたのは、
レンガ造りの街
IMG_4410.jpg

タンクが、たくさん登場~

IMG_4413.jpg

ここは、アイルランド

感のいい人なら、もう気づいたはず。

やってきたのは~
IMG_4414.jpg

ギネスビール工場見学です。

この中の写真を撮るのをすっかり忘れていたんですが、中は、2000円近く(今までの入場料で一番高い
とるだけあって、すっごい立派で綺麗になっていました。
7階建てで、階を上がりながら、いろいろなギネスビールについて学んでいけるシステムになっていました。
途中、試飲もちゃんとありましたよ


そして、ここを出て、ダブリンの中心部までてくてくまた歩き、結構疲れたので、あったまるために、
アイリッシュコーヒーを飲みました。

IMG_4415.jpg
ウイスキーベースのコーヒーカクテルです。

そして、お昼抜きだったので、腹ペコだったので、少し早い夕食~
IMG_4480.jpg

伝統のアイルランド料理という言葉にひかれ、お店に入りましたが、
オーダーをとりに来た、お兄さんは、「英語わかりますか?」と思わず言いたくなる、見た目トルコ系みたいな人だし、
メニューも少なくて、お肉もありがちなハンバーガーとかしかなくて、魚が良くて、シーフードがいいと言うと、
鱈のステーキが、スカンピーを焼いたのと言われたので、鱈のステーキをお願いしたところ、出てきたのは、

「フィッシュアンドチップス」でした。
フィッシュアンドチップスが食べたくなくて、頼んだのに・・・・・
味もイマイチ、値段は高いし、地球の歩き方の情報にでした。

緯度が、高いのとサマータイムを導入している為、9時近くまで日が明るいんです。
なので、そのあとブラブラ~

アイリッシュミュージックを聞けるパブを探していたら、会いました

初アイリッシュジャックです
IMG_4456.jpg
飼い主さんが、話に夢中で声をかけられなかったけど、ちょっと、つぐみちゃん似で、可愛い子でしたよ。

あと一回、アイルランド続きます~
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村



テーマ:ジャックラッセルテリア - ジャンル:ペット

  1. 2012/04/19(木) 18:29:20|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

アイルランド女一人旅☆2☆

海外一人旅と言うことで、たくさんの人から、ナンパに気をつけて~と言う言葉をもらいました

20代前半に、ヨーロッパ一人旅をしたことあったんですが、その時は、結構声をかけられたりしたんですよ。
ローマ、ベネチア、モロッコ(ヨーロッパじゃないけど)では、街を一人で歩くことは、一度もなかったくらい。

それなのに、今回の旅行では、幸か不幸か、そんな心配は全く無用でした。

アラフォー女には、誰も声かけない?
うーん!それも言えるけど、一応、アイルランドの人は、シャイと言うことにしといてください

ではでは、アイルランド旅行記

DAY3


この日は、ちょっと曇っていたんですが、気温は、結構温かくって、一枚羽織るくらいでちょうどいい感じでした。

と言うことで、ゴールウェイから、1時間半ほど車を走らせて、


コネマラ国立公園

IMG_4343.jpg

ここでは、ハイキングを楽しめるんです。

左側のお椀の、形をした山が、ダイヤモンド・ヒルです。
ヒル言っても結構、高い山だったので、私はその横のなだらかな、「ローアーダイヤモンドヒル」のコースを選択。


ワンコ達は、ノーリードで、突然やってきます

IMG_4344.jpg


ミックス犬だと思うんですが、日本の雑種みたいな感じのお顔に、短足で、かわいらしかったです。


IMG_4346.jpg

大型犬も自由に登ってきます。

基本的に、犬は、登るのが早いので先にあがって、適当なところで待っているみたい。

日頃から、ノーリードでお出かけしているからだろうけど、すっごいみんないい子


ハイキングと言うだけあって、ちゃんと道は、遊歩道になっていて、それを決して外れてはいけないという看板がありました。

IMG_4350.jpg


1時間ちょっとのハイキングを終え、ビジターセンターで、お昼タイム~

IMG_4351.jpg

スコーンとミルクティです

どうやら、こっちの人は、「milk tea」と言っても通じないようで、「tea with milk」といったら、わかってくれました。


そんなことはさておき、そのあと、来る途中に、目を奪われた場所に寄り道しました。


IMG_4352.jpg
カイルモア修道院


湖畔にあるお城

19世紀にイギリスの下院議員で、マンチェスターの富豪だった人が、妻のためにたてさせたそうです。

でも、妻にも娘にも先立たれ、売却し、修道院となったそうです。


しかも、この富豪さん、奥さんの為に敷地内に

IMG_4354.jpg

教会をたてたり・・・・・

IMG_4356.jpg

素敵なイングリッシュガーデンも作ったようです。

このイングリッシュガーデン、現在でも、西アイルランドで一番綺麗と言われているようなんですが、
ただ綺麗なだけじゃなく、当時のままの、住み込みの人の管理人さんの住居や物置なども公開していて、
すっごく興味深かったです


このカイルモア修道院、私の中では、アイルランド旅行の中で、
IMG_4359.jpg

ベスト3

に入るくらい、感動しました。


また、宿のある、帰り途、
IMG_4361.jpg

こんな風に、羊さんが、あちらこちらに・・・・・

IMG_4363.jpg


道を我が物顔で、歩いています。

昨日も触れましたが、こんな道を、どうやって100キロも出せというのか?
それは、やっぱり、疑問でした。


この後は、ゴールウェイに戻って、ディナータイム

ここ、ゴールウェイで、名物があります。

それは・・・・
IMG_4366.jpg

生ガキです

生ガキは、そんなに得意じゃないんですが、
郷に入れば郷に従えのことわざに習い、地の物を楽しむのが、私流なんです。



DAY4


この日の天気予報は、雨・・・・・

でも、お天気は、そこそこ良かったので、この日は、ダブリンへの移動日だったけど、まっすぐダブリンに行かず、
キルケニーを目指しました。

IMG_4368.jpg

途中、牛だらけ・・・・

IMG_4371.jpg


ほとんど、のどかなこんな風景でした


3時間のドライブの末、到着です。

第一目的地の聖フランシスの修道院の醸造所へ行ったんですが、な・ん・と・・・・

クローズ

地球の歩き方に、休みは、日曜と月曜って書いてあったのに・・・・・
木金土しか、あいていないようでした。

キルケニービールを飲むつもりマンマンでいたので、そのまま、パブに直行しました~

すこし、お腹も落ち着き、キルケニー城へ行きました。
IMG_4372.jpg

キルケニーの街は、思ったよりも都会だけど、中世の雰囲気が、残っていていい感じの街でした。

この後、ヒョウが振り出し、車へ戻りました。


この後、もうひとつ行きたいところがあったので、どうしよう??
と思いながらも、ダブリンへ行く途中だしってことで、いってみることに・・・・

でも、実際は、ダブリンへの道から、10キロほど離れ、しかも、相当の峠を越えなければいけない事が判明。

しかも、雨は、ヒョウになり、ヒョウは、雪になり・・・・・

時間は、夕方5時になってしまい・・・・・

車も全然走ってこなくなって、Uターンしようかとも思ったんですが、超田舎道で、Uターン出来るところもなかったんです。

と言うことで、仕方なく、車を走らせ、目的地に到着しました。


グレンダーロッホ

IMG_4376.jpg

森の中にたたずむし6世紀ごろの初期の教会群です。


IMG_4377.jpg

変に修復とかされていなくて、当時のものとは違うけど、すっごいリアルに感じました。

IMG_4379.jpg
IMG_4381.jpg

ここは、ハイキングコースもいくつもあるんですが、大雨の上、時間が、6時ごろだったので、
教会群だけみて、ダブリンをめざしました。

でも、このグレンダーロッホも私の中では、アイルランド感動ランキング
ベスト3
に入るほど、良かったですよ。

この日、ダブリンのホテルに無事到着。

運転時間6時間、移動距離、300キロでした

コンディションも悪く、めちゃめちゃ疲れました。
夜ごはんは、近くのバーガーキングですませ、就寝

まだ、記事続きます。

ジャック記事じゃないけど、ぽちっと応援お願いします~
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

テーマ:ジャックラッセルテリア - ジャンル:ペット

  1. 2012/04/13(金) 23:37:55|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アイルランド一人旅☆1☆

3月末から、アイルランドへ一人旅してきました

アイルランドって、どんな国??
そう思われる人が、ほとんどだと思います

ギネスビールやアイリッシュダンスなんかは、有名だけど、他にも、まだまだ魅力があるんです。

アイルランドの首都、ダブリンへは、関西空港からだと、KLMロイヤルダッチ航空を使い、アムステルダムを経由して、
エアリンガスで、ダブリンに飛ぶのが、一番、乗換がスムースです。

DAY1
スムースとは言っても、ヨーロッパまでだと、15時間ほどかけて、首都ダブリンへ到着

到着したのが、夕方の5時半・・・・・
そこから、入国して、レンタカーのカギをもらえたのが、7時半。

それなのに、無謀にも、東にある、ダブリンから、西海岸のゴールウェイまで、その日のうちに移動を計画。
しかも、その移動手段は・・・・・


IMG_4298.jpg


レンタカー


見ての通り、ヨーロッパなのに、韓国車。
ちなみに、ミッション、高速料金支払うのに、窓ガラスはくるくる、ドアミラーは、中から棒で動かすタイプ

こんな車、日本で絶対いまどきないで~って代物でした


そんなのでも、GPSがあるから、どうにかなるだろう・・・・って思っていたんだけど、
携帯ナビだったから、どうやって、設置していいかわからず、結局、ゴールウェイまでの、ドライブの中、
音量も出せず、タコメーターの所に置き、猛スピードで飛ばし、
目的地のB&Bに、チェックイン時間ギリギリの22時到着しました。

DAY2
翌朝、隣の車が、ナビを設置しているのを見て、正しい設置法がわかり、正常に戻ってからは、
落ち着いてみたら、音量ボタンもちゃんとあるのがわかって、昨日の地獄はなんだったの??って感じでした。

IMG_4297.jpg

ナビは、車のガラスに、貼り付けるようだったみたい。

ゴールウェイでは、宿泊した人の口コミが高かった、アンバーヒルと言う、B&Bに宿泊しました。

IMG_4292.jpg

私は、シングルだったので、ちょうど3階の屋根の部分で、他に客室はなく、隣に管理人さんの部屋だけあって、
わんわん犬の鳴き声が、そこから時々していました。


興奮していたせいか、疲れも全くなくて、翌日も7時起きで、観光に出発~

そして、目的地は、アイルランドの大本命の目的だった、モハーの断崖です。

ゴールウェイからは、車で、1時間半ほど。
車の駐車料金を支払うところが、入場料を支払うところも兼ねていて、日本語の案内もちゃんとくれました。


IMG_4301.jpg

海面から、200Mの高さの断崖絶壁が、8KMにわたって、大西洋につきだしています。

当日は、お天気も最高

IMG_4306.jpg


タワーのほうと、反対側へ歩くと、「絶対入るな!!」の文字と、柵があって、
でも、みんな入っていってたので、つられて私も入ってみました。


断崖が、何の柵もなく、目の前に・・・・

と、同時に、こんなアホカップルも

IMG_4313.jpg


カップルは、英語じゃない言葉をしゃべってたけど、見た人から、「stupid」の言葉が・・・
そりゃ、そうだよな~


IMG_4309.jpg


海に突き出ているので、なんとも言えない迫力がありました


この後は、近くの観光スポットをぶらぶら~


巨人のテーブルと言われる、ドルメン。

IMG_4323.jpg


このドルメンの周りだけが、草が少し生えているんですが、


IMG_4319.jpg


それ以外のところは、見渡す限り一面、敷き詰められたように、大きな石で地面がおおわれているんです。


IMG_4322.jpg


すっごい、不思議な空間でした


そして、この巨人のテーブルから、車で走る事、数十分。


バレンへ到着

IMG_4327.jpg


ここもまた不思議な空間。
石灰岩の丘陵です。
2億6000万年前に起こった、地殻変動で海底から押し上げられて、こんなふうになったそうです。

他にも、このあたりをドライブしていると、観光スポットが目白押しで、いろいろな看板がありました。


ドライブと言えば、アイルランドの道ですが、物申したいことが山ほどありました。

こっちって、あんまり高速が発展していなくて、したみちなんですが、信号はほとんどありません。

普通に、脇道もない、1車線ずつの道路だけど、制限速度が、なんと・・・・・


IMG_4334.jpg

100キロなんです。
ヒツジは通るし、道は、くねったり、ボコボコだったり、ちんさむロードだったり・・・・・

「どないしたら、100キロも出せるねん」って感じです。

せっかくのアイルランドの風景を楽しみたいのに、みんなめっちゃ飛ばすし。

お陰で、ラリードライバーの気分を存分に味わってきました


観光を一通りして、ゴールウェイの町へ戻って、まだ夕食までに時間があったので、街の中を観光~

大聖堂を見たり・・・・
IMG_4335.jpg


スペイン門を見たりしました。
IMG_4341.jpg



そして、この日の夕食は、待ちに待った・・・・・

IMG_4338.jpg

フィッシュアンドチップス
地球の歩き方にのっていた、評判のシーフードレストラン「マクドーノズ」で食べました。
この日は、日曜日だったので、チップスコーナーしかあいてなくて、スタンドで食べましたが。


そしてこの頃、日本では、アニスの散髪が行われたようです。

(中学生やったら、絶対、頭髪検査ひっかかるやろう~と言うくらい、毛が目にかかっていましたので。)

IMG_4500.jpg

まだ、アイルランド記事続きます。

ぽちっと応援よろしくお願いします~
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

テーマ:ジャックラッセルテリア - ジャンル:ペット

  1. 2012/04/12(木) 22:30:28|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ラスト!車いすで行くラスベガス旅行~

前回、アメリカ本土へ上陸した時は、旦那と一緒だったんですが、その時は、裁判所へ行くはめになったり、警察署で、行方不明になった旦那の捜索願まで出す羽目になったんです

まあ、旅にトラブルはつきものなんですが、今回は、ほとんどトラブルもなく過ごすことができました。

さて、今回で最後です。

車いすで、タクシーに乗りたい時は、リフト付きのタクシーを呼ぶことができます。
IMGP9707.jpg
各タクシー会社が、法律で必ずリフト付きタクシーを保有しなくてはいけないそうです。

そして、気になるのが飛行機・・・
現在、日本からラスベガスまでは直行便はありません。

私たちは、ユナイテッドで関西空港→サンフランシスコ→ラスベガスの経路でした。
飛行機に乗る時間は、10時間から12時間ほど、乗り換えの時間を含むと、12時間から15時間かかります。

チケットは、直接ユナイテッド航空のホームページから予約しました。
格安を保証していて、他で安いところがあったら、次回10%オフのチケットをくれるそうです。
ネットで予約の時に、車いすで歩行不可能を選択するだけで、全ての空港で受け入れを手配してくれていました。
IMGP9629.jpg

空港によっていろいろで、飛行機のドアまで、自前の車いすを持ってきてくれ、空港のど真ん中を自分で走っていったり・・・・

IMGP9746.jpg

ターミナル間を移動するときは、リフト付きのバスで来てくれたりと、こちらが心配しなくても、手配は完璧~

一つだけあったトラブルは、帰りの飛行機が、コンチネンタル航空でラスベガスからサンフランシスコに飛んだんですが、コンチとユナイテッドは合併したようなんですが、うまく行っていないのか、移動のバスが来るのに1時間もかかり、乗り換えのギリギリになってしまい、免税店で買い物するつもりが出来なかったんです。

今回は、母の体調も考え、ビジネスクラスでの飛行機でした。
メニューが来て、1.ビーフ 2.チキン 3.和食 から選べたんですが、私はビーフを選択、なかった時の2番目の選択も聞かれ、チキンでお願いしました。

そして、運ばれて来たのがチキン~
IMGP9929.jpg
セカンドチョイスだけど、なかなかおいしくて、モリモリ食べ最後の胡麻も残さず食べたんです。

そしたら、な・な・なんと~
メインの牛肉が・・・・
IMGP9931.jpg
しかも、10センチ以上はあるくら分厚い・・・・
この後、パン・フルーツ・アイスクリームと運ばれて来たんですが、シャンパンとワインを飲みすぎたせいもあり、頭はふらふら~お腹はパンパンで、何も入りませんでした。
もちろん、ビーフも半分も食べられなかったんです

最後にラスベガスでゲットした戦利品です
IMGP9730.jpg
何しろ、円高で何もかも安いんです。
カバンは合計11個あります(お土産含む)
これは、途中経過の時に撮ったんで実際はこれよりもうちょっと多いんです
ティンバーランドやコロンビアなど、アメリカのブランドは、日本のアウトレットよりさらに半額か3分の1の値段なんです。
もっと、もっと買いたかったけれど、母と私の荷物を一人で運ぶことを考え、これでもだいぶセーブしました。

両替については、日本でしていったほうが良いと思います。
私は、出発の日、車いすの母には、アシスタントが関空内でついたので、途中両替がしたいと言えず、現地の空港でもアシスタントがつき結局ホテルで両替したんです。
そしたらなんと、日本だったら1ドル85円で両替できるのに、ホテルで両替したら1ドル100円もとられたんですよ!!

これは失敗でした

そして、帰国してパソコンでカチカチしていると・・・・
IMGP9974.jpg

アブサンがやってきて、抱っこをねだります~

IMGP9972.jpg

「忘れました・・・」
本当は、現地のペットショップにも行ってみたかったんですが、歩いて行ける範囲にはなくて、時間的に余裕がありませんでした。

これでラスベガスネタおしまいです。
明日から、ちょっと忙しくなります

みなさん素敵なゴールデンウィークを
ぽちっと宜しくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村



テーマ:ジャックラッセルテリア - ジャンル:ペット

  1. 2011/04/25(月) 23:23:14|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

スノーパトロール

Author:スノーパトロール
ジャックラッセルテリア2匹にベイビーラッセル2頭も加わり、4ワンズと暮らしています。
犬だけに限らず、動物は何でも大好きです~
もっと、お金持ちになったら、いろんな動物と暮らす願望あり。
でも、そんな現実とは程遠い生活・・・なので、今は、いやしい犬と暮らしています。

チョリソ ♂ 2002. 3.23

アブサン♀ 2006.7.4

リカール♂ 2011.4.27

アニス♀ 2011.4.27

フリーエリア

ランキングに参加中

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

ぽちっと、クリックお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

未分類 (21)
日々の出来事 (184)
自己紹介 (4)
お出かけ (209)
便利グッツ (20)
お散歩 (3)
病気・ケガ (37)
ワンコについて (3)
ハイキング・登山 (13)
トレッキング・登山 (62)
フィジカルケア (6)
うじゃっく (35)
海外 (13)
管理人のつぶやき (17)
パピー日誌 (51)
JFW (3)
Wan Off (8)
保護犬 (4)
自転車 (2)
旅行 (23)
愛犬と学び楽しもう (42)
山荘ライフ (15)
チョリソくん (5)
チョリソの闘病日誌 (6)

ブロとも一覧

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード